保健師と看護師の違いとは

保健師と看護師って、あまり具体的な違いがよくわかりませんよね。これは専門的に見ると仕事内容などが大きく異なりますから、しっかりと分けて考えなければいけません。看護師の場合は、医学的な知識も必要とされ、医療行為に直接関わることになります。怪我の手当や注射などがこれにあたりますね。対して保健師の場合は、主に健康を管理したり健康面での問題を解決するという仕事になります。

 

もちろん必要な資格も異なり、看護師には看護師の資格、保健師には保健師の資格が必要なのですが、意外なのが「保健師になる前にまず看護師の資格が必要」という所ではないでしょうか。仕事の内容を考えると看護師の方が専門的な知識が必要とされるように思いますが、保健師のほうがより高度な資格ということも出来るんですね。

 

これは実際の仕事面でもあてはまり、保健師が看護師の仕事をかねる場合も少なくありません。特に企業保健師などはあまり沢山の人員を配置しないことが多く、その分色々な場面で対応しなければならなくなるんです。簡単な怪我の手当などをイメージすると判りやすいと思いますが、活躍する場面は沢山出てくるということですね。医療に関するお仕事に興味がある人にとって、とてもやりがいのある仕事と感じることでしょう。

 

 

引越し 相場
引越しを業者に頼んだ場合の相場は?